「昭和元禄落語心中 助六再び篇」が見れる動画配信サイト

「昭和元禄落語心中 助六再び篇」を配信している動画配信サイトです。
紹介している作品は、2017年03月01日時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サービスの公式サイトにてご確認ください。

アニメ情報

  • 放送時期:2017年冬〜
  • タグ  : 落語
昭和元禄落語心中 助六再び篇の概要

昭和元禄落語心中の2期となる。(TVアニメ動画『昭和元禄落語心中 助六再び篇』のwikipedia・公式サイト等参照)

PV動画

「昭和元禄落語心中 助六再び篇」が見れる動画配信サービス

昭和元禄落語心中 助六再び篇の無料視聴期間が終わってるいる時や 過去のエピソードを見直したいという時はどうしたらいいんでしょうか?
そういう時は違法サイトで見れば
違法サイトで視聴するのは危険です!!
著作権侵害は立派な犯罪。
そんなサイトはウィルスも多く実際に被害も広がっています。
違法サイトは運営者が悪意を持っている場合が多く、ひどいサイトになるとページを閲覧しただけでウイルス感染したり機器が壊れたりする場合もあります。
特に悪質なサイトはシステムやウイルス対策ソフトで止めきれない場合もあるので閲覧自体を控えた方が良いでしょう。
引用元:https://amaru.me/zatsugakuou/illegalsites-risk/
じゃあ過去のエピソード見るにはDVD待つしかないの?
最近は動画配信サービス(VOD)の全話配信が流行っていますよ。
もちろん公式サービスなので快適ですし
現在は無料キャンペーンを実施しているのでお試しも出来ます。
動画配信サービスなら数多くのアニメ、映画などが見放題で
しかも初回登録であれば無料期間があります。
※無料キャンペーン中の解約だと料金は取られません
(本記事は2017年03月時点の情報です。現在の動画配信状況は各公式サービスをご参照下さい。)

昭和元禄落語心中シリーズ動画配信状況

昭和元禄落語心中シリーズの動画配信状況を表にしてまとめました。

タイトルdアニメHuluU-NEXTFOD
昭和元禄落語心中見放題なし見放題なし
昭和元禄落語心中 助六再び篇なしなし見放題なし

上記は2017年03月時点の情報です。
現在の動画配信状況は各公式サービスをご参照下さい。

「昭和元禄落語心中 助六再び篇」全話配信中のVOD一覧

配信サイト料金無料期間配信
U-NEXT月1990円
毎月1200円分のポイント付与
31日見放題
Hulu月933円2週間なし
FOD月888円31日なし
dアニメストア月400円31日なし
dTV月500円31日なし
Amazonプライムビデオ月400円30日見放題

U-NEXTで見る

[PR]今なら31日間無料キャンペーン中!

U-NEXTの人気配信作品
月額料金1,990円 (税抜)
初回31日間の無料お試し期間あり
動画配信数12万本以上
(見放題:27,936タイトル)
メリット同時視聴が可能。アダルトあり。
こんな方にオススメ新作などをイチ早く見たい方にオススメ

> U-NEXTで配信中のアニメ一覧

Amazonプライムビデオで見る

月325円でアニメ、映画、音楽などが見放題!

月額料金月額400円(税込)
年会費3,900円(月割325円)
動画配信数約15,000本以上
メリットオフライン再生あり。同時視聴が可能。
こんな方にオススメ動画配信サービス以外にも音楽や通販サービスを利用したい方。

> Amazonプライムビデオで配信中のアニメ一覧

どこで見るのが良いか迷うなら私はU-NEXTがオススメ!!
作品数も多くて使いやすいので満足してます😄
迷ってる人は無料キャンペーンがあるので1度試してみると良いですよ。
不満だったら途中解約すれば無料ですし安心!

>>U-NEXTで昭和元禄落語心中 助六再び篇を見る

キャスト

与太郎関智一
有楽亭 八雲石田彰
小夏小林ゆう
助六山寺宏一
みよ吉林原めぐみ
七代目有楽亭八雲家中 宏
松田牛山 茂
アマケン山口勝平
萬歳茶風林
萬月遊佐浩二
猫助師匠林家しん平

あらすじ(ネタバレ注意)

第1話:助六再び

八代目八雲に弟子入りして早十年、ひよっこだった与太郎もいよいよ真打に昇進。襲名するのは、八雲の兄弟子であり小夏の父親でもある「助六」の名だった。順風満帆のようにも見えるが、そうもいっていられない。落語はいまや時代に取り残されつつある。父親がいないまま母親となった小夏のことも心配だ。三代目助六となった与太郎は自らがたぐり寄せた縁をしょって立つことができるのか……?

第2話:

前科者のヤクザだった過去を週刊誌に暴かれた与太郎。ワイドショーは落語界の一大スキャンダルに大騒ぎだったが、当の本人はどこ吹く風。興味なさげに高座に上がるが、その落語にははっきりと焦りの色が伺えた。テレビの仕事も激減し、寄席の客も一段と厳しい視線を送ってくる。苛立ちを募らせるばかりの与太郎だったが、どうもその原因はスキャンダルだけではないようで……。