「3月のライオン」が見れる動画配信サイト

「3月のライオン」を配信している動画配信サイトです。
紹介している作品は、2018年03月15日時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サービスの公式サイトにてご確認ください。

アニメ情報

3月のライオンの概要

主人公は、東京の下町に1人で暮らす17歳の将棋のプロ棋士・桐山零。深い孤独を抱える彼が、あかり・ひなた・モモの川本3姉妹と過ごす時間や、さまざまな棋士との対戦を経て、失ったものを少しずつ取り戻していく様が描かれる。(TVアニメ動画『3月のライオン』のwikipedia・公式サイト等参照)

PV動画

「3月のライオン」が見れる動画配信サービス

3月のライオンの無料視聴期間が終わってるいる時や 過去のエピソードを見直したいという時はどうしたらいいんでしょうか?
そういう時は違法サイトで見れば
違法サイトで視聴するのは危険です!!
著作権侵害は立派な犯罪。
そんなサイトはウィルスも多く実際に被害も広がっています。
違法サイトは運営者が悪意を持っている場合が多く、ひどいサイトになるとページを閲覧しただけでウイルス感染したり機器が壊れたりする場合もあります。
特に悪質なサイトはシステムやウイルス対策ソフトで止めきれない場合もあるので閲覧自体を控えた方が良いでしょう。
引用元:https://amaru.me/zatsugakuou/illegalsites-risk/
じゃあ過去のエピソード見るにはDVD待つしかないの?
最近は動画配信サービス(VOD)の全話配信が流行っていますよ。
もちろん公式サービスなので快適ですし
現在は無料キャンペーンを実施しているのでお試しも出来ます。
動画配信サービスなら数多くのアニメ、映画などが見放題で
しかも初回登録であれば無料期間があります。
※無料キャンペーン中の解約だと料金は取られません
(本記事は2018年03月時点の情報です。現在の動画配信状況は各公式サービスをご参照下さい。)

「3月のライオン」全話配信中のVOD一覧

配信サイト料金無料期間配信
U-NEXT月1990円
毎月1200円分のポイント付与
31日なし
Hulu月933円2週間見放題
FOD月888円31日なし
dアニメストア月400円31日見放題
dTV月500円31日なし
Amazonプライムビデオ月400円30日なし

Huluで見る

[PR]今なら初回2週間無料キャンペーン中!

Huluの人気配信作品
月額料金月額933円(税込)
初回14日間の無料お試し期間あり
動画配信数約40,000本以上
メリットリアルタイム配信で海外ドラマや音楽番組が楽しめる!
こんな方にオススメ海外ドラマ好き。日本テレビのドラマ・バラエティーを見たい方。

> Huluで配信中のアニメ一覧

dアニメストアで見る

[PR]今なら31日間無料キャンペーン中!

dアニメストアの人気配信作品
月額料金400円 (税抜)初回31日間の無料お試し期間あり
動画配信数アニメだけで2400本以上
メリットアニメ作品数業界No1。低価格。
こんな方にオススメアニメ好きでお金をかけたくない中高生

> dアニメストアで配信中のアニメ一覧

どこで見るのが良いか迷うなら私はHuluがオススメ!!
作品数も多くて使いやすいので満足してます😄
迷ってる人は無料キャンペーンがあるので1度試してみると良いですよ。
不満だったら途中解約すれば無料ですし安心!

>>Huluで3月のライオンを見る

キャスト

桐山零河西健吾
川本あかり茅野愛衣
川本ひなた花澤香菜
川本モモ久野美咲
二海堂晴信岡本信彦
幸田香子井上麻里奈
高橋勇介細谷佳正
島田開三木眞一郎
三角龍雪杉田智和
松本一砂木村昴
川本相米二千葉繁
幸田柾近大川透
林田高志櫻井孝宏
花岡上田燿司
美咲根谷美智子
宗谷冬司石田彰
神宮寺崇徳玄田哲章
横溝億泰阪口大助
辻井武史中村悠一
後藤正宗東地宏樹
藤本雷堂大塚明夫
安井学岩田光央
松永正一岡和男
重田盛夫津田健次郎
野口英作うえだゆうじ

あらすじ(ネタバレ注意)

第1話:ch1:桐山零 ch2:河沿いの町

東京の下町・六月町に一人で暮らす桐山零は、高校生にしてプロの将棋棋士。 義父の棋士・幸田との対局を終えた零は、三月町にある川本家へと向かう。川本家では、長女・あかり、次女・ひなた、三女・モモが零をにぎやかに迎え、夕食をともにするが……。

第2話:ch3:あかり ch4:橋の向こう

帰宅した零を待ち受けていたのは、棋士・二海堂晴信。幼い頃から零をライバルと呼ぶ二海堂は、零との対局を心待ちにしていたのだった。 後日、先輩棋士・松本一砂との対局終了後、零は一砂や棋士仲間の三角龍雪らとスナックへと向かう。そこでは川本家の長女・あかりが働いており、あたたかく彼らを迎えるのだった。

第3話:ch5:晴信 ch6:夜空のむこう

二海堂とのプロとしての初対局の日を迎えた零。幼い日の対局を思い出しながら将棋会館へと向かった零は、気迫に満ち満ちた二海堂と相対する。 そして始まる対局!それは幼いころから変わらない、「負けたくない」という互いの思いがぶつかる場で……。

第4話:ch7:ひな ch8:ブイエス

野球部の試合応援を翌日にひかえたひなたは、気になるエース・高橋勇介のためにお弁当を作ることにする。華やかでかわいいお弁当を目指してはりきるひなただが、華やかさよりも定番のおかずをすすめるあかりと衝突してしまう。 翌朝もお弁当作りや着ていく服選びでバタバタのひなた。乙女の一大イベントの行方はどうなる!?

第5話:ch9:契約 ch10:カッコーの巣の上で

あかりに頼まれてモモを保育園に迎えに行った零だが、帰り道で転んだモモが怪我をしてしまう。その手当てをしながら、零は幼い頃に家族を失くした日のことを思い出す。 突然の事故によって失われた両親と妹、暖かな家。葬儀の場で孤独にたたずむ零に声をかけたのは、父の友人でプロ棋士である幸田柾近だった。 「君は……将棋、好きか?」

第6話:ch11〜13:神様の子供①〜③

「どこかへ行きたい……」 自分の力で生活していくために必死に盤に喰らいつき、中学生でプロ棋士となった零。しかしプロ二年目となる今年、昇級する目を失ってしまう。もがいてもがいてようやく辿り着いた今の場所から動き出す理由を見出だせない零は、自らの中途半端さに思い悩む。

第7話:ch14:大切なもの。大切なこと。 ch15:将棋おしえて

ファストフード店に入ったひなたと零は、そこで偶然ひなたの片思い中の相手・高橋に遭遇!緊張のあまり挙動不審でアワアワしてしまうひなたと、スポーツマンと何を話していいのか困ってしまう零。 しかし零がプロ棋士だと気付いた高橋は、自分は将来プロの野球選手になりたいと語り、プロになってから一年遅れで学校に行くことを選んだ零に、その理由を問う。真剣な表情の高橋に対して、零の答えは……?

第8話:ch16:面影 ch17:遠雷①

ひなたとモモに将棋を教えることになった零と二海堂。二海堂お手製のかわいい将棋ニャーの絵本に、モモたちも大興奮!将棋の基本を楽しく勉強する。 いきなり家に押しかけたり、解説で熱いメッセージを送ったりと、零との友情や将棋への熱意をまっすぐにぶつける二海堂。その熱意は零に届くのか……。 前へ 次へ

第9話:ch18:遠雷② ch19:遠雷③

棋士歴40年、65歳の現役棋士・松永正一との対局の日。自分の人生の倍以上の年月を戦ってきた松永に、零はその覚悟を思い気を引き締める。 しかし始まった対局では、行き当たりばったりとしか思えない手を指す松永に、いたたまれなくなってしまう零。対局を終えた零は行きがかり上、松永と食事に行くことになるが……?

第10話:ch20:贈られたもの。① ch21:贈られたもの。②

12月。忘れ物を取りにきた香子から、零が24日に対局する相手・安井学のことを聞かされる。負けると酒を飲み暴れてしまうという安井は、このクリスマスが終わると離婚することが決まっているという。 家族で過ごす最後のクリスマスに、勝って帰るか、負けて帰るか……。 零は幼い日、幸田家で迎えた幼い日のクリスマスを思いながら、安井との対局へ向かう。

第11話:ch22:ゆく年 ch23:くる年

ひどい風邪をひきクリスマスからずっと寝込んでしまったまま大晦日を迎えた零のもとを、あかり・ひなた・モモが訪れる。そのまま強引に病院と川本家へと連れて行かれた零。おかゆを食べ、手厚く看病されてだいぶ回復した零は、義父・幸田やあかりたちに心配をかけてしまったことを反省する。 そして暖かい川本家で、零は新しい年を迎える。

第12話:ch24:対岸にあるもの ch25:黒い河①

三が日を過ぎ、体調も戻ったため川本家から自宅に帰った零。年末年始の川本家のにぎやかさから一転して、一人で過ごす時間の寂しさを痛感するが、まずは獅子王戦のトーナメントに向かって集中するよう気持ちを切り替えようとする。 迎えたトーナメント初戦、零の対局相手は辻井武史!「色々な意味で」強い攻撃力を持つ辻井を前に、零は奮闘する。

第13話:ch26:黒い河② ch27:扉の向こう

トーナメントで後藤とあたることになった三角は、対策を練りに練って対局へ向かう。後藤の型は居飛車穴熊、対して三角は風車を得意とする。三角は後藤に対し、自らの得意な戦法でぶつかることにするが……? そして同じく獅子王戦トーナメントにて、零は島田開八段との対局の日を迎える。零にとってどうしても負ける訳にいかない戦いが、始まる。

第14話:ch28:まぶしい闇 ch29:ほんの少しの水

島田の実力を見誤り、取り返しがつかないほど悪い局面になっていたことに気付かされた零。恥ずかしさと混乱で激しく動揺するが、島田にうながされるようにしてなんとか最後まで指し続ける。 対局後、零は恥ずかしさのあまり将棋会館から走り去る。その背中を見送った島田は、弟弟子である二海堂からの言葉を思い出し、零を研究会に誘ってみようかと考える。